摂取カロリーと消費カロリー

公開日:  最終更新日:2016/01/22

ダイエットをする時に把握しておいた方が良いのはカロリー摂取とカロリー消費の関係です。カロリー摂取はその名の通り食べる事、カロリー消費は日常生活や運動で消費されます。この2つの関係はダイエットには非常に重要でバランスが崩れると痩せすぎてしまったり、太ってしまったりします。本ページではこの2つの関係について詳しく買いていきます。

摂取カロリーと消費カロリー

カロリー摂取について

カロリー摂取は基本的には食事です。他にも注射や点滴などがありますが、日常生活では口から入るものがカロリー摂取になります。摂取したカロリーは体内で栄養素として扱われエネルギーに変わります。ただ、このエネルギーは多く摂取しすぎると脂肪へ変わってしまいます。成人男性の必要摂取カロリーは約2000から2500と言われており、女性はそこから少し少ないぐらいです。この基準カロリーを毎日平均して摂取できている場合は太りもせず、痩せもせず適正な状態に保てると思います。ただ、バランスが崩れてくると体系は変わってきます。これは1日だけではほぼ変わりませんが、不規則な状態が続いていくと体もそれに適応してきます。例えばカロリー摂取が多い場合は、基本体重が増えます。また、摂取カロリーが少ない場合は痩せてしまい、且つ体内の代謝が下がりエネルギー効率を上げようとします。こうなると痩せている人が一気に食事の量を増やすと体はエネルギー効率が上がっているのにカロリーが多すぎるため脂肪が増えていくようになります。これが肥満への始まります。カロリー摂取は仕事や趣味によって変わりますが、適正に保つことが必要になります。

消費カロリーについて

消費カロリーは人間が生きていると必ず行われます。日常生活、そして睡眠時など全ての時にカロリーは消費されています。このカロリー消費は、上で書いたカロリー摂取とのバランスが必要です。それは摂取したカロリーに対して消費するカロリーに偏りが出ると体重が増えたり減ったりするためです。なので、マラソンや運動などをしながらダイエットをする人がいるのはそのためです。ここで考えるべきことは食べたから消費カロリーを増やそうと思うのか?又は自分の生活にあわせて摂取カロリーをコントロールするのかです。私が考えるおすすめは、やはり自分の生活の中で必要なカロリーをとっていく事です。好きなだけ食べてから最後に運動をしようとしても結局は摂取カロリーが多く太ってしまうケースが多いためです。

単にカロリーと言ってもバランスが重要なため、普段の生活リズムが自分の体形をつくって行くことをしっかり認識しておきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑