自然食材からの酵素の摂り方

公開日:  最終更新日:2016/03/23

自然食材からの酵素摂取

体内の酵素を増やすために、自然食材からも酵素は摂取できます。酵素ドリンクなどの専用ドリンクは勿論ですが、自然食材ではフルーツや野菜からも酵素をとることができます。ただ、調理の過程で誤った知識を持っているとせっかくの酵素が壊れてしまう可能性があります。では、どのような食材でどのような調理法が良いのかを整理していきましょう。

酵素を意識して摂取するには野菜、肉、魚でも調理は最低限にしておくと言う事が重要

食事から酵素を摂取する際の注意点

自然食材からの酵素の摂り方

酵素を摂取できる食材

酵素を摂取できる食材は生野菜や生のフルーツが効率的です。フルーツや野菜はビタミンなどの栄養素に加えて酵素が多く含まれるので意識をして摂取した方が良いと言われています。生野菜、フルーツ以外では発酵食品は酵素が多く含まれています。特にチーズや納豆など、発行をしている過程で酵素は生成されているので、このあたりの食材も意識をして摂取するとより体内酵素が増え活発に活動してくれることになります。

調理方法

酵素を調理する時は、気をつけなくてはいけません。酵素の場合、加熱調理をすると約60度超えると酵素は動きが鈍くなったりすると言われています。そのため、野菜をたくさん摂取する場合でも、酵素の事を意識する場合は調理する時の温度は意識した方が良いでしょう。茹でる、やくなどの場合は60度の温度が超えてしまいますので、酵素にとっては良い環境ではありません。そのため、できるだけで生食で食べるなどした方が体内酵素の環境は良いとされています。尚、発酵食品の場合は特に乳製品では焼いたり、とろけるようにとかしたりするケースがあると思いますが、理想はそのまま食べる事が良いとされています。

食べ方によって違う

酵素が多く含まれる食材でも、食べ方によって摂取量が全く違ってくるのがわかります。約60度の温度に過熱をしてしまうと、酵素の働きが鈍くなるのは上で説明しましたが、更に過熱を継続すると死んでしまうケースもあります。そのため、酵素の医学的な知見で言うとやはり生食が一番おすすめとされているんですよね。酵素はアメリカの学会では、最近かなり見直されており酵素ドリンク系のものは以前はあまり意味が無いとされていましたが、最近ではドリンク系からの摂取は体にかなり効果的と言われるようになりました。また、ドリンク以外にもサプリなども数多く販売されているので普段から持ちあるいてサプリで酵素を摂取するのも効果的ですね。最近は、酵素の力で美容へ生かすような動きも活発化しており多くの女性が酵素を摂取しています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑